おさだ苑の匠

長田夏海(おさだなつみ)
弊店のホームページにお越し頂き誠にありがとうございます。このショップを管理している長田と申します。厳選した静岡茶のお茶の販売や商品を皆さんにお届けいたします。 ご不明な点や、ご意見などございましたら何なりとお申し付けくださいませ。
【プロフィール】
日本茶インストラクター
認定番号03-0687
全国茶審査技術八段
第56回全国茶審査技術大会優勝
第57回全国茶審査技術大会準優勝
第58回静岡県茶業青年団茶審査技術競技大会優勝
第59回静岡県茶業青年団茶審査技術競技大会優勝(平成24年)
第60回静岡県茶業青年団茶審査技術競技大会入賞(平成25年)
お茶のパック kaorifacepack
お茶の石鹸 kaorifacewash
有機の粉末茶
フレーバーティー
抹茶あずき
抹茶葛湯
おさだ苑茶師の紹介

静岡茶 遠州森の茶 茶師 お茶インストラクター
茶葉は生産者や畑、品種、あるいは蒸し時間や蒸し方などによって、それぞれに違いがあります。

水色が鮮やか、香りが良い、味にコクがある、などといった茶葉それぞれの特長があります。それらを合組み(ブレンド)する事によって、それぞれのお茶の良さを引きだし、水色や香り、旨味や滋味がより一層引き立ち、さらに美味しいお茶となるのです。

この合組みには、お茶の品質を見極める力が必要となります。
おさだ苑のお茶は、数々の賞を受賞した茶師たちの鋭い嗅覚や視覚でそれぞれの茶葉の本質を見極めた厳選したお茶です。

おさだ苑のお茶がおいしいワケ
茶師のご紹介
日本茶インストラクター 長田辰美(おさだたつみ) 長田辰美(おさだたつみ)
日本茶インストラクター 認定番号02-0372 2006

全国茶商工業協同組合連合会 茶専門経営士茶匠に認定
全国茶審査技術三段
新茶時期になると生産家が荒茶の見本を次々と届けてきます。 荒茶を見るごとに、お茶はその方の人間性そのものが表れてくるものだと感じるようになりました。同時に、生産家があってこそ、初めてお茶屋としての成り立ちがあることを思います。 目先のことだけでお茶を見るのではなく、地域の未来も考え、自らの未来のあり方を作っていく。そんなお茶屋でありたいと思います。これからも・・・。
長田夏海(おさだなつみ)
1977生まれ
日本茶インストラクター
認定番号03-0687

第56回全国茶審査技術大会優勝
(農林水産大臣賞受賞)

第57回全国茶審査技術大会準優勝

第58回
静岡県茶業青年団茶審査技術競技大会
優勝 (県知事賞受賞)

全国茶審査技術八段

日本茶インストラクター 長田夏海(おさだなつみ)
山田智一(やまだともかず)
1977生まれ

2008第4回同一荒茶による仕上げ技術競技大会
最高金賞

2010第6回同一荒茶による仕上げ技術競技大会
最高金賞

大場邦浩(おおばくにひろ)
1980生まれ

日本茶インストラクター 
認定番号04-0881

日本茶インストラクター 山田智一(やまだともかず) 大場邦浩(おおばくにひろ)
 
受賞履歴
【受賞履歴】
平成12年  静岡茶品評会 農林水産大臣賞 受賞
平成14年  静岡茶品評会 農林水産大臣賞 受賞
平成16年  森の茶品評会 静岡県知事賞 受賞
平成17年  森の茶品評会 静岡県知事賞 受賞
平成18年  森の茶品評会 町長賞 受賞
平成19年  東京都品評会 日本茶業中央会長賞 受賞
平成20年  東京都品評会 全茶連理事長賞 受賞
平成20年  第4回同一荒茶による仕上げ技術競技大会 最高金賞 受賞
平成21年  森の茶品評会 町長賞 受賞
平成21年  東京都品評会 都知事賞 受賞
平成21年  第56回 全国茶審査技術大会優勝 農林水産大臣賞 受賞
平成22年  第57回 全国茶審査技術大会準優勝
平成22年  第6回同一荒茶による仕上げ技術競技大会 最高金賞 受賞
平成23年  第58回 静岡県茶業青年団茶審査技術競技大会優勝 県知事賞 受賞
平成25年  東京都品評会 東京都産業労働局局長賞 受賞
平成25年  第48回 森の茶品評会 森の香 一等一席 受賞
平成26年  第44回 東京都品評会 都の誉 一等三席 受賞
平成26年  第8回 同一荒茶による仕上技術競技会 最高金賞(静岡県知事賞) 受賞
平成26年  第49回 森の茶品評会 総合優勝
平成28年  東京都優良茶品評会 農林水産大臣賞受賞
  数々の賞をいただきました。
おさだ苑本店について
製造工程の紹介 おさだ苑の生産家ご紹介 おさだ苑 茶師の紹介 お茶の淹れ方
包装 熨斗のご案内 お問い合わせ カタログ請求 メールマガジン登録 カートご使用方法
ページトップへ